[£]京都水族館のペンギンたちが電子書籍になったので買ってみました!

ペンギンを眺めるのが好きなるう(@Lugh_)です。

京都水族館の監修による電子書籍『京都で暮らす47羽のペンギンたち』が、2014年8月20日(木)より「カドカワ・ミニッツブック」から配信されました。
と、言うわけで…早速ポチってみました。
京都水族館 ペンギンの本

「カドカワ・ミニッツブック」とは?

「カドカワ・ミニッツブック」は手頃な分量と価格でお届けする電子書籍専用レーベルだとか。
「分単位で読める本」をいう意味も込めて、隙間時間にタブレットやスマートフォンで手軽に読めることを目指しているとか。

読了予測時間として「●●min」の表示があります。
30分で読める?京都水族館のペンギンの本
この本は「30min」なので30分で読める目安の分量ということのようです。

読んでみた!

30分…をはるかに超えての読了でした。
あまりにも可愛くて、あまりにもマニアックで…のんびり眺めてにやにやしながら癒されていました。
そら、30分じゃ終わらないわ…。

この子とこの子が兄弟で、この子とこの子が夫婦なのね…ってことはもちろん、この子は「くせ毛が特徴」とかこの子は「マヨネーズボトルみたいでしょ」とか。
飼育員さんがおそらく覚えるために使ったであろう特徴を短く端的に書かれています。

電子書籍なので、実際京都水族館に持って行って、ペンギンゾーンで見比べっこして名前を憶えてみるのも楽しそうです。
どれも同じケープペンギンだけど、少しずつ違っているところをちゃんと見分けたいものです。
1・2羽くらいから始めたいなぁ…(´ω`*)

ペンギンに癒されたい人・京都水族館のペンギンをしっかり覚えたい人・京都水族館の予習をしたい人はぜひぜひポチっていただきたい一冊ですね。
副産物として、ここのペンギンの名前を覚えると、もれなく(?)京都の通りの名前も覚えられます!
…多分!
そろそろ覚えてね?

「京都で暮らす47匹のペンギンたち」はこちらから!